プラグイン・Wp-CopyProtectの設定方法

Wp-CopyProtectとは

ブログを運営していると自分の書いた記事がそのままコピペされたり真似されることがあります。
アクセスが少ない時はさほど問題ではないのですが、アクセスがとれるようなってくると、露出も高まり、同じような記事を書いている人の目にとまりやすくなります。

せっかく書いたオリジナル記事がコピーされたりリライトされ、他の人のサイトに載っているのは不本意だと思います。

それを防ぐためにはこのプラグインが有効です。
「Wp-CopyProtect」は右クリックやドラッグをできないようにします。
簡単にはコピーできないようにするプラグインです。

完全に防ぐことはできませんが、手間をかけてまでコピーする人は多くないと思いますので、入れておくにこしたことはありません。

Wp-CopyProtectの設定方法

「ダッシュボード」→「ブラグイン」→「新規追加」

キーワードの横の枠に「Wp-CopyProtect」と入力し、「今すぐインストール」をクリック。「有効化」をクリック。

copyprotect1-1 ↓
「ダッシュボード」→左メニューの「WP CopyProtect」をクリック。
WP Copy Protectの設定をします。

copyprotect4-1

①Disable right mouse click:右クリックを防止する設定

  • Do not disable right click.→ 右クリックを禁止にしない
  • Disable right click and do no show any message.→右クリック禁止にしてメッセージ表示はなし
  • Disable right click and show message:[  ]→右クリック禁止にして[  ]に入力したメッセージを表示させる

②Disable text selection:テキストのコピーを防止する設定

  • Activateにチェックを入れる

③User Setting:適用の範囲

  • Exclude admin users.→管理者を除外する
  • Exclude all logged-in users.→全てのログインユーザーを除外する
  • Apply settings to all users.→全てのユーザーに適用する

全て設定したら「Save Setting」をクリックで完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする