プラグイン・PS Auto Sitemapの設定方法

PS Auto Sitemapとは?

ワードプレスで作成したサイトのサイトマップを自動で作成できるプラグインです。
サイトマップとは、サイト内の投稿や固定ページなどを一覧表示させる「もくじ」のようなものです。つまりサイトのマップ(地図)です。
初期設定やデザインの変更も簡単で、便利なプラグインです。

ブログの投稿は、新しい記事から表示されます。
古い記事はどんどん埋もれていき、読まれる機会は少なくなっていまいます。
せっかく書いた記事がみつけてもらいにくくなってしまうのです。

そこで、導入したいのがサイトマップです。
「PS Auto Sitemap」のプラグインをインストールしていれば、記事やページが増えるたびに自動的にサイトマップを更新できます。
さらにこのプラグインは日本語対応しているので、ワードプレス初心者でも簡単にサイトマップを導入することができます。

何故サイトマップを導入するのか

埋もれた過去の記事でも、訪問者がみつけやすくなるため、Webアクセシビリティの向上になります。
これはページ間移動の効率アップにつながります。
検索エンジンロボットが、サイト内の記事へ巡回するを助ける効果もあります。

PS Auto Sitemapのインストール方法

●「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」の順にクリック。

キーワードの横の枠に「PS Auto Sitemap」と入力。
検索されたプラグインの「今すぐインストール」をクリック。そのあと「有効化」をクリック。

sitemap1-1

PS Auto Sitemapの使い方

サイトマップ専用のページを新規作成します。

●「ダッシュボード」→「固定ページ」→「新規追加」をクリック。

任意のタイトルとパーマリンクを入力します。

sitemap6-1

  • わかりやすいように、タイトルを「サイトマップ」
  • パーマリンクを「sitemap」とします。
  • 記事の、「テキスト」のタブをクリックし、以下のコードをを入力するかコピペします。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

全て入力できたら「公開」します
その時に、上部に表記されるアドレスバーを確認します。past=のあとの数字を覚えておきます。
※もし閉じてしまっり、忘れた場合は、固定ページ一覧からタイトルをクリックしして開いた際にも確認できます。

sitemap2-2

past=のあとが「ページID」です。この場合は399が「ページID」です。
●「ダッシュボード]→「設定」→「PS Auto Sitemap」の順にクリックします。

  • 先程覚えた数字を「サイトマップを表示する記事」に入力します。
  • スタイルを選びお好みの表示をすることができます。
  • 「変更を保存」をクリックし保存します。

sitemap5-1

●「固定ページ一覧」からサイトマップの記事の下の「表示」をクリックしページを
表示させて確認します。

このように簡単にサイトマップが作成できました。

sitemap3-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする